予備電源の比較

今年の夏は広い範囲で節電が呼び掛けられています。甚大な被害となった福島の原子力発電所では、現在電力を東京方面に向けて供給する事ができません。そこで関東地方では長らく節電が呼び掛けられています。一般家庭でも15パーセント以上、企業では25パーセントの節電に向けて努力が続いています。しかしそれでもエアコンの使用量が増える夏場には、再度計画停電が行われるほどの電力不足になるのではないかという不安がぬぐいきれません。そんなときこそ予備電くんの出番です。予備電くんは充電器とバッテリー・変圧器・コンセントがついた予備電源セットです。予備電くん、予備電くん2、予備電くんプロ、ソーラー予備電くん4種類あり各種停電の時でも蓄電しておいた電気を使用する事が可能です。インバーターがついているので、住宅のコンセント感覚で簡単に使用できます。値段は64000円ですがネット通販などでは29800円で販売されていま。






予備電くんで電気を充電しておけばノートパソコンが5~6時間使用できる電気が得られます。LED照明も点灯させられますので、夜間暗闇になってしまう場所でも安心ですね。もちろん携帯の充電にも使用できます。魚を飼育している方にも重宝されています。この夏は東海地方にあり、名古屋方面に電力を供給してきた浜岡原発も停止することになりました。人命が最優先とは言っても、日々の生活に不自由を来たすのはちょっと困ります。また非常用電源や蓄電器などは大変人気があって品薄状態の場所も多く被災地に優先的に補給される傾向にあります。中部地方にお住まいの方も、早めに電力の防災準備を進めることが大切です。安くて使い勝手も良い予備電くんで電力不足の夏を乗り切りましょう。